スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめられた体験

【 お名前 】:N K
【 メールアドレス 】:
【 年 齢 】:18 歳
【 年 代 】:10~19歳
【 性 別 】:女性
【 職 業 】:高校生・中学生・小学生
【 地 域 】:関東
【 学 年 】:高校3年生
【 投稿内容 】:いじめられた体験
【 体験内容 】:
黙認される「イジメ」1(中学生の時の体験)


私がイジメを受けるようになったのは、中学校に入学して直ぐの頃でした。当時の私は、
小学生の時の経験から、周りとの間に壁を作ろうとしていました。
はじめから誰とも仲良くしなければ、面倒が無くて良いと思ったのです。
それと同時に、変わろうとしていた時期でもありました。
「言いたい事がはっきり言える子」になりたかったのです。
自惚れと自己満足という名の「正義感」から、友達をイジメる問題児たちを大声で怒鳴る日々。
しかし、友達にとってはどうやら私も迷惑だったようです。大人しくなった事で、
私は周囲から完全に嘗められてしまいました。

更に墓穴を掘ったのが、問題児たちへの対応の仕方でした。奴らは、からかう様な口調で話し掛けてくるので、
返答するのが煩わしかったのです。私は気分屋のため、不満や不快感を抱いている時には、
相当態度に出ているようです。無視をする事も出来ましたが、しつこいのでいい加減な対応ばかりしていた所、
他の生徒からも不信感をもたれてしまったようです。私は段々と、
男女両方から嫌がらせを受けるようになりました。

女子数人で私を囲み、どうでもよい内容の質問を次々にしたり。
行く手を塞ぎ、変なリズムに私の名前をのせながら、簡単な振りで踊って見せたり。(かなりの屈辱だ)
私の机の周りを囲んで、私には全く関係の無い話をしたり。鏡で反射させた光を、顔に当てられたりしました。

男子には、掃除サボりの濡れ衣を着せられた事もありました。実際にサボッているのは、奴らだと言うのに。
屈辱と怒りに耐えながら、先生の前で廊下の雑巾がけをしました。
先生は「あいつらは、〇〇が雑巾がけすれば満足なんだから。…な?」と、言い聞かせるように私に言いました。
しかし私は、諦めて従うより他ない事が、腹立たしくて仕方がありませんでした。
こうした嫌がらせが酷くなり、イジメになってしまった訳です。

当時の避難場所は、保健室でした。よくそこで、保健の先生や担任の先生に相談をしていました。
泣くことも多かったです。あまりの屈辱に、具体的にどんな事を言われたのか、
キチンと説明出来ない事もありました。また、教室を抜け出して先生に迷惑を掛ける事もありました。

イジメに遭う度、歯を食い縛り、拳を握り締め、じっと耐えていました。
相手が誰であれ、キレてしまえば関係ないからです。かといって、
男子を相手に殴り合いになれば、確実に負けるでしょう。
学校で我慢をする反面、家ではよく癇癪を起こしていました。家族に八つ当たりをしたり、
鉛筆などの身近なモノを壊すのです。泣く事もあり、自然と愚痴も多くなりました。

イジメられていたのは、私や友達だけではありません。
同級生の中には、同じような立場の生徒が何人かいました。
しかし、お互いにイジメを解決出来ないまま進級してしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いじめはやめよう

Author:いじめはやめよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。