スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめられた体験

【 お名前 】:N K
【 メールアドレス 】:
【 年 齢 】:18 歳
【 年 代 】:10~19歳
【 性 別 】:女性
【 職 業 】:高校生・中学生・小学生
【 地 域 】:関東
【 学 年 】:高校3年生
【 投稿内容 】:いじめられた体験
【 体験内容 】:
伝わる「怯え」

*この話はまだ、イジメの前の段階です。

私は小さい頃から、集団生活というものが苦手でした。幼稚園に通っている頃、
風邪を引いたりして何日か休むと、怖くて教室に入れませんでした。

小学校3年生の時です。授業参観に向けて、クラス全体で大きな紙芝居を作る事になりました。
教科書の絵をお手本に、幾つかの班に別れて模造紙に大きな絵を描くのです。
ジャンケンの結果、Aさん、Bさん、私の3人班になりました。2人 とも気が強く、
普段から「怖いな」と思っていた為、私はこの時点で暗い気分になりました。
作業が始まってからというもの、2人を前にすると一方的な恐怖心から、
体が小刻みに震えて動けませんでした。────しかし、絵は描かなければなりません。
AさんもBさんも、いつもイライラした様子で、まるで怒っているみたいに話します。
実際に怒られると、尚更怖かった為、私はますます怯えてしまいました。
 
ある日、この様子を見るに見兼ねて、クラスの女の子が助けてくれました。
その子は私に、「もっと、しっかりしなくちゃ」と呆れたように言いました。
彼女の助けを受けながら、私は半ば投げ遣りになりながら、仕上げの色塗りをしました。
黄色い絵の具で手をベタベタにしながら、その時だけは言いたい事が自然に口から出ていました。
そしてAさん、Bさんに怒られる事もありませんでした。それまでの重たい空気も、
怯えによる震えもありません。ただ、びびっていたのは確かです。
いくら投げ遣りになっていたとはいえ、緊張は消えません。私は作業をしている間、
「手伝ってくれる子がいる。…それに、私は絵を描くよりも色を塗る方が得意だ」と、
自分に言い聞かせていました。そうすることで、AさんとBさんに対する恐怖心を誤魔化していたのです。
クラスの子の助けもあり、何とか絵を描き上げる事ができました。

今思うと、AさんとBさんは会う度に怯えている私が嫌だったのかもしれません。
誰だって、自分を怖がっている人を好きにはなれないだろうし寧ろ、「不快」に思うのではないか…と。
 
私がそう思うようになったきっかけは、高校の先生の一言でした。
「義理を通す」…例えば、相手の事を嫌いだと思っていても、失礼だから顔には出さないようにする。
私には難しい事ですが、なるほどと思いました。確かに、「あんたなんか嫌い」…という顔をされたら、
「敵意」を感じますよね。しかも、一方的な感情ならば尚更。
そう考えると私は、AさんとBさんに対して凄く、失礼な事をしていたのだと暗い気分になります。
怖い目に遭うと人の所為にしがちですが、今回の話について言えば
私自身の言動が招いた事でもあるのかも知れません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いじめはやめよう

Author:いじめはやめよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。